SSブログ
知  人 ブログトップ

勧誘は… [知  人]

私は損保の仕事に携わっているので保険の話には興味を持っている。

お客様であり、以前生保の契約を受けてもらっていたことのある元外交員である知人のNさんから
「新しい共済の話を是非聞きに来てくれ!!」と春先に言われていた。
話だけでよいので…としつこく言う。

法改正で共済はミニ保険などを扱うようになるものの
公的セーフティネットがないなどの問題点もあり、その話に乗る気もなく、あいまいに返事をしていた。
その間、自宅に共済のパンフレットのようなものが来ていたが
確認することもなく、雑紙としてリサイクルボックスに持って行った。


唐突に「参加者名簿に自分の名前を載せた」と言う電話を今月初めに受けた。
その集いに出てくれと言われたが、この段階でも適当にごまかしていた。
先週になり時間があれば話だけでも…と、誘いと参加確認の電話があった。


で、一昨日会場に出かけた。
プライムクラブはどこの会場だ??と…
あぁクラブは漢字の倶楽部かよ??08.08.29-1.jpg

公共機関の会議室を借りていたものの、とても小規模な集い。
中年女性が8人と小学生の子供も数人いた。

「簡便に話を済ませます!」と責任者の女性が言う。
が、新規に集って来たのは自分一人と言う。
おいおい、なんか怪しいぞー
獲って喰わない!とは言うものの、この雰囲気はちょっとパスしたい…


それでも、折角来たのだからと、いつも通り最前列の真ん中に座る。
パンフをもらい、共済事業の理念の良い話があったので、最初は真剣に話を聞いていたが08.08.29-2.jpg
これを口コミでするとか、スケールメリットと言う単語が出る。
????
はぁ…


途中で話を受けたおばちゃんがコミッションは…と話し始めた。
なぁーんだ、ネットワークビジネスかよ!!と気付き、自分自身に腹が立った。
それからは、暗に話は聞いていないという素振りで通した。


どうしてこんな無駄をしたのか??と口角泡を飛ばしているおばちゃんを見つつ、悔やんだ。
会議室を出てから、Nさんに丁寧に話を断り、早く手を引くほうが良いと助言する。

Nさんはマルチは初めてだと言う。
会社をいくつも乗り換えてたらそれこそ問題だ。

宗教と同じで視点を固定化させると誰でも陥るものなんだよなぁ…と
思いつつ、会場を後にした。
帰宅後、ネット検索した。
教えてgoo などで確認。
あー時間を損したぁ…



マルチレベルマーケティングの仕事に携わったことはないが
だまされて会場に連れて行かれたことが何度かあるし
話だけでも…と喫茶店に行った事も数回はある。


が、まさかこの歳になって、ノコノコとネットワークビジネスの会場に出かけるとは…と情けなくなる。


この商法には強烈な記憶がある。
ねずみ講が問題になる40年近く前のNHKのドキュメンタリーに
天下一家の会の建物と会長が出ていた。
会長の手首には、ソニーの小型テープレコーダーがぶら下がっていた。
まだオープンリールが主流で、コンパクトカセットは出たばかり。

そのアンチローリングメカニズムを搭載したテレコはジェミニだかアポロの宇宙船に乗ったテレコとして
カタログにでかでかと出ており、垂涎の的だった。
そのテレコを所有しているのを見て、ねずみ講を始めた人は凄いなぁ…と子供心に思ったものだ。
宇宙飛行士以外が使っているのを見たのは、それが初めてだった。
そのテレコが強烈な印象。


その後、ねずみ講はマルチ商法となった。
悲惨な話も一杯耳にした。
反社会的で、被害者が加害者となる特殊な商法として認識する。



最初の実体験は、20歳の頃渋谷駅前を歩いていた時のこと。
可愛い女性に「格安で海外旅行が出来て、安く電化製品が買える会場があるので、来て欲しい!!」と手をつかまれてズンズン雑踏の中を進んだ。
雑居ビルの薄汚いエレベーターで数階あがり、その得すると言う会場に連れて行かれた。

ずらりと並んだパイプ椅子には20人ばかりの若い連中が集めら神妙に座っていた。
このシステムに加入するには入会金が必要だが、
誰でも良いから二人連れて来て、その者が入会すれば入会金は直ぐに回収できる!!
などと言う説明が始まった。
旅行に安く行け、電気製品も安く手に入るし、それよりも現金が手に入ると言う。
確か1万円の入会金を支払うが、一人勧誘すれば5000円バックするから、
3人目からは5000円の儲けになると言う。
時間が勝負と言われ、私以外は全員入会の手続を始めた。
物凄い加入率だ。
と言うか、集団心理と言うのは凄い!!と感心する自分がいた。



おいおい!!ねずみ講じゃないか!!
無限連鎖だろ??と思うものの、そんな事を言える雰囲気はない。
うぇー本当に怖いなぁ!!これがねずみ講か???と冷静でありながら、ビクビクものだった。

親がやっているので…とか適当な事を話して、その会場を逃げた。


現金が目の前を飛び交うと理性を失うものだと実感したものだ。


その後数年に一回はネットワークサービスの話を受ける。
昨年も一度喫茶店に行った。
コーヒーとケーキをご馳走様でした。


が、まさか今年も参加するとは…
誠に情けない気持ちで一杯である。

あー恥ずかしい…
不甲斐ないなぁ…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:日記・雑感
知  人 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます