SSブログ

遺体引き取り … 安置 [備 忘 録]

遺体引取りはあっさりしたものだった

警察署での手続きを終えた後は
火葬業者のお任せコースでまずはお迎えとなる

警察署に横付けされたバンに乗り込むと
シートにくるまれた兄が主人公としてそこにいた
自分は補助席で同道するのみ

第一印象はまるでテレビドラマの回収された遺体みたい…
不謹慎かもしれないが、そう感じた


警察から火葬業者施設まではおよそ1.5km
車内で今後の段取りを聞かされる

安置された後、顔を拝む
丸々と太ってる
禿げてる

死屍に鞭打ちたい気分
(この気分については後日の項で)

むくっと起きて来そうな気もしたが
そんな妄想は無視して
般若心経を唱える

お経を覚えておいて本当に良かった!



納棺や翌日の火葬の打ち合わせを済ませ
請求書を渡され、くれぐれも現金で…と念を押される

言い値でなくて本当に良かったぁ~
と自分の下調べに誇らしい気分


そこから兄の住んでいたアパートまで向う
初めての土地だが、不安は全くない!
神妙にすべきだが、ウキウキ旅行気分も否めない…

スマホのマップが大活躍

初めての土地だが滞りなく兄の住処に到着
およそ500メートル
上京する前に
自宅でグーグルのストリートビューで確認してた事もあり
デジャヴのよう…

勿論前述の気分の件があり
どこに住んでいたかはそれまで全く知らず
刑事さんから教えてもらった住所で検索したもの

この日午前中に銀行の口座を止めると同時に
携帯電話の契約を解除した
電話のお守なんか断じてしたくないから。


が、固定電話は公共料金や各種問合せのために引越し当日まで活かすことにする

その夜兄の友人?知人から数件の電話があった
何日か携帯が通じないので…と。

兄の死を告げると大半の者は消え入るように
悔みを述べる

驚いたことにキャバレーのお姉ちゃん一人は火葬に立ち会うと言う
連日相当に投資していたらしい…
その友人も…

死屍に鞭打ちたい…



引っ越し業者選定にもスマホが大活躍

お陰でバッテリーが大消耗…



孤独死に関連して後始末をするには
相当に消耗する覚悟がいる
お金も気持ちも。


それも自分の生活圏から
離れれば離れるほど
短期でやっつけるしかない


栄養ドリンクでも飲んで消耗を抑えたいものだ

今回は画像はなしで…

遺体引き取り 遺影 [備 忘 録]

孤独死した兄の遺体引き取りの記録
その弐 遺影

当初の半額で引きうけてくれた火葬業者では
遺影の準備はしないと言うので自分ですることにした。

遺品を見てたら、数年前に撮影したカラーの証明写真が出て来たので
これを使うことにした。
額は少し大きな絵葉書の飾ってあったものを流用

つまりは小さな遺影で済ませようと言う算段


画像のプリントならスマホのデータを
コンビニの複合機から印刷するアプリしかない!と判断
写真用紙でないと…と勝手に思い込んだのだ。


証明写真を複写してカメラロールに入れてトリミング後
netprintでアップロードして
近くのコンビニに出かけ印刷してみた。

ところがカラーだと遺影の雰囲気が全くないし
額に余白が出て安っぽい…
黒い縁取りとリボンで飾りつければ良いのだろうが
それは面倒

それではと複写した画像をモノクロに変換して
普通紙にそのまま印刷
A4の用紙なので余白は切り取ることにする。

どんぴしゃりに合わないので二~三回やって納得
証明写真.jpeg




この間他のお客の邪魔にならぬように
店から出たり入ったりして
スマホと格闘

普通紙に印刷された顔写真を
帰宅後フレームに合わせて遺影の出来上がり
頭上の空きが気になるが誰が見るわけでもないのでこれでよし!




斎場にもちこんだのがこれ
写真立て.jpeg
支えに全く届かないほどの小さな遺影だがないよりはまし…


しかし、今考えると複写しアプリを使ってアップロードしたりせずに
普通に証明写真を白黒の拡大コピーしても良かった…
何回か失敗しても100円で済むだろう…

写真のプリント品質と思い込んだのが時間の浪費だった…


遺影額縁、写真立て、慰霊額縁、五分入山 Lサイズ(マット付き)


寸巾パール 葬儀額(遺影額)リボン付 ふじ


遺影額縁、額縁、慰霊額縁、入山 サイズ 八0 太子(マット付き)


遺体引き取り 火葬代金… [備 忘 録]

孤独死した兄の遺体引き取りの記録
その壱 遺体引き取りから荼毘にふした時の備忘録


昨年夏、七歳年の離れた二人兄弟だった兄がなくなったと
都内の警察署から連絡があった。

孤独死なので行政解剖後
遺体の引き取りに来て欲しいと言う…
未婚だったし両親も既に亡くなり、身内は当方一人のみ。


他に頼れる者もいないので
引き取るしかない。



遺体の引き取り…

遺体のまま菩提寺のある実家まで
運ぶ訳にはいかないので
荼毘(だび)にふすしかない。
加えてアパート退去や公共料金・銀行口座の閉鎖など
やることは一杯ある。

刑事に、遺体引き取りや荼毘の方法を尋ねると
「業者を紹介することが出来る」と言うので
とりあえず、仲介を依頼する。


が、上京まで丸一日あったので
大手スーパーマーケット系列の
葬祭部門に連絡を入れてみる。

低料金で全国展開をしたと言う事を知っていたので
24時間受付のフリーダイアルで内容を確認後
とりあえず20万円弱の予算だと言う火葬式の予約を入れ
予約番号やIDを設定

それから上京

遺体引き取りは午後からとの事だったが
朝一番に警察署に辿り着き
担当の刑事より所持品や
アパートから引き挙げた貴重品を手渡される。

銀行口座の閉鎖だけで午後になり
間もなく病院の解剖から帰って来ると言う
兄を待ちながら警察署内で業者と面談

その業者から聞かされた荼毘の代金
これが40万円…
遺体引き取りからお骨にするまでで、この金額

葬儀を挙げる訳でもなく
ただ骨にするだけ…

即座に丁重に断ったところ
「他に宛てがあるのか」と問われる。

スーパー系列のところでは半額の20万円で
同じことが出来ると告げ
そちらに連絡を取り始める。

それを遮り
直ぐに「本社に確認を取るので
しばらく待ってくれ!」と
業者二人は慌ただしくケータイを手にする。

数分後、「うちも20万円でやります。
その代わり後飾りと遺影はありません」と言う。

直後スーパー系列の業者から
東京では特別に4万4千円追加料金が発生すると電話が入る。

はぁ…およそ24万円強


ならば、20万円弱で火葬するという警察署出入りの業者に即決


スーパー系列の業者は少し遅れると言うし
折角ここまで来てくれているので、そちらにお任せします。
遺影などは当方が手配します…などと
控えめに選択の理由を述べ、双方納得


田舎での火葬だけなら、これほどかさまないだろうけど
東京ではこれが相場なので致し方ない


しかし、予め火葬の相場を知るのと知らないのとでは
こんなに吹っかけられるのだと改めて気付かされた。


なお死因は死体検案書では不詳であったが
行政解剖では孤独死では圧倒的な理由に上がる
虚血性心不全とあった。
死体検案書


まずは火葬代金の差額についての記録

ウイルス対策ソフト導入 [備 忘 録]

来春WindowsXPのサポートが切れるので
数ヶ月前にWindows8のデスクトップパソコンを買い足した。

98SEから現在もっぱら使っているVistaノートまで
様々なウイルス対策ソフトを使って来た。

有料のWindows Live OneCareの後は
無料のMicrosoft Security Essentialsで済ませて来た。

が、Windows8には対応してないので
新規にウイルス対策ソフトを買わなくてならない。

以前から気になってた
ESETセキュリティソフトの体験版を使ってみた。
Windows8に加え、Vistaにもインストール
調子が良い…

このソフトはWindowsだけでなく、MacやAndroidにも対応する。

リモートでスマホのロックやワイプができるのも良いが
iOSなので自分には使いでがない…


で、体験版の期限が来る前に
ESET FAMILY SECURITY
5台3年間分の購入を決定

当然ながらカカクコムで検索
価格com


パッケージ版よりはダウンロード版の方が安いと思って検索
するとESETのサイトではサマーキャンペーンで一番安い

が念のためアマゾンでも検索
するとamazonでは期間限定のクーポンがあり
1000円引き
Amazon クーポン


注文から二日で
ウイルス対策ソフトパッケージ版が到着
ウイルス対策ソフトパッケージ版


パッケージ版なので
シールなんかも入ってる。
ウイルス対策ソフトパッケージ版
ダウンロード版では無理だな…


でインストールしてみた
ESET FAMILY SECURITY

するとエラーが…
ESET FAMILY SECURITY


サポート情報のサイトにアクセスし
再起動してアップデートの解決法を確認

で、無事乗り換え成功

5台分なので1台分は長男のパソコンに入れてやろう…


なおアマゾンの1000円引きクーポンは
今月2013年7月末までの期限となっているので
検討中の方は選択肢に入れても良いだろう…

ESET ファミリー セキュリティ

ESET ファミリー セキュリティ

  • 出版社/メーカー: キヤノンITソリューションズ
  • メディア: CD-ROM



有効活用 アナログレコーダー [備 忘 録]

数年来のブログ再開
サボり過ぎてた。
ちょっぴり反省…

さて、今回はアナログレコーダーの回。

まだ若いと思っていたものの、じじぃになりつつある。
じじぃは使い捨てが苦手だ。

大量生産大量消費の時代で育ちつつ、使い捨ては苦手だ。
使い捨てられるのは自分だと気付いているせいか??

昨年地デジ対応の古い液晶テレビが我が家にやって来た。
アナログ放送対応でもあるが46型のSONYブラピア
2008年製造…

ハードディスクレコーダーはブルーレイ対応のも買ったが
古いソニーのアナログレコーダーも使っている。
アナログハードディスクレコーダー

基本、使い捨てが苦手だから。


当方はデジタル放送をアナログ放送に変換してくれてる
ケーブルテレビ配信だ。
地デジ非対応のブラウン管テレビでも
地デジ放送が見られる。


アナログ放送打ち切りの時にあわてたけど
何もせぬまま、テレビを見続ける事の出来た人も多いはず。
うちも来年までブラウン管テレビのつもりだったが
新しいテレビと交代


が、アナログレコーダーは見流せる番組録画で使ってる。
デジアナ変換は地上波のみだから
BSなどの番組はアナログレコーダーではあきらめてた。


しかし、テレビからレコーダーをコントロールできると知った。
AVマウスと言う機能だ。

録画の指令は、テレビに接続したAVマウスの発信部を
レコーダーの受信部付近に設置し、ピンプラグを適正に接続するだけで足りる。

人がリモコンで録画開始をする代わりに
テレビ側から映像などを出力してレコーダーに録画させる機能だから
使わない手はない。
AVマウス


テレビの番組表の予約内容を
外部のレコーダーに送るというもの。
予約録画


画像はアナログ品質だけど
BSの番組が古いレコーダーで録画出来るのは嬉しい…
録画予約


テレビの映像出力をアナログレコーダーの入力端子から
入れると言うものだが
使い捨て苦手のじじぃにはありがたい機能だ。

捨てるには気が引ける
もったいない!と言う人は
試してみるのも良いと思う…

AVマウス


SONY フリーロケーションテレビ AVマウス VM-50


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます